セディールとデパスの比較

抗うつ薬、抗不安薬には実に様々種類があり、それぞれ効果にも違いがあるのでそれぞれの特徴を知っておくことが大切になります。
今回はその中のひとつの医薬品を簡単に説明したいと思います。
大日本住友製薬により製造され、1997年より販売されているセディール錠という比較的新しい抗不安薬をご存知でしょうか?
アザピローネ系の抗不安薬で、緊張や不安といった精神状態を和らげる効果があり、緊張や不安などを起こしてしまう中枢神経を「狙い撃ち」することが出来るのが大きな特徴です。

詳細な効能としては自律神経失調症や本態性高血圧症、消化性潰瘍などの心身症における身体症候およびに不安、抑うつ、焦躁、そして神経症における抑うつや恐怖、これらが挙げられています。
しかしもう一点の重要な効能があります。それは睡眠障害です。
従来までも、デパスなどの抗不安薬を睡眠薬として服用することはありましたが、単に入眠のためだけに抗不安薬などを服用する場合、無気力やめまい、さらには依存症などの副作用で悩むことが多くありました。

セディール錠の最大の特徴でもある安全性、つまり副作用や依存症の生じにくさはデパス以上と言われています。
セロトニンへ直接作用することによって効果を発揮するこの抗不安薬は、セロトニン1A受容体部分作動薬とも言います。
セロトニン受容体のバランスを整えることで、気分を落ち着かせ、緊張や不安などの精神状態を改善しますが、そのために不安などが原因で起こる睡眠障害にも有効とされているのです。

ちなみにセディール以外の現在の抗不安薬はベンゾジアゼピン系という分類になります。
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は即効性があるために効いていると思いやすいのですが、副作用や依存症のリスクは大きくなります。

セディール錠は現在個人輸入代行サイトなどからいわゆる通販で購入することができます。
通販で購入できる睡眠薬は数多くありますが、症状が軽度な場合や初めて睡眠薬を使用する場合は安全性の高いセディール錠は勧めやすいと言えます。
通販で購入する際は、長く続いていたり、口コミがよかったりなどの信用のおける業者を選ぶことが大切です。